YouTube

サンプル動画は、YouTube!人気No.1 無料です。


サンプル動画を著作権や肖像権に違反しないで、視聴できます。

  YouTube

 YouTubeでは、 アップロードされた動画の著作権などをチェックします。
したがって、著作権や肖像権などに違反している動画は、
公開や転送・送信が禁止される対象になり、削除されています。
削除される前に、視聴するだけの場合、視聴者は、著作権を侵すことになりません。
安心して、視聴できます。 但し、しばらくすると削除されるかも知れません。
著作権で保護されている動画は、次に示した物です。
  (1) 映画 (プレビュー版も含みます)
  (2) テレビ番組 (著作者は、番組制作会社です)
  (3) CM (著作者は、製作会社です)
  (4) ビデオ (音楽関連のビデオ)
  (5) ライブビデオ (自分が撮影した場合を含みます)

 以上の動画は、一部を編集して無料で使用した場合、著作権違反になります。

しかし、違法性のある動画のアップロード数が多いため、削除が完全ではありません。

ところで、著作権とは、何でしょうか?
財団法人 著作権情報センターホームページを参照し、
動画に対して適用してみました。

トトロなどの動画は、文化的な創作物です。
この創作物は、著作権法という法律で保護されています。
この文化的な創作物とは、文芸、学術、美術、音楽などのジャンルに入り、
人間の思想、感情を創作的に表現したもののことで、著作物といいます。
またそれを創作した人が著作者です。

動画は、私的使用のための複製が認められています。
自分自身や家族など限られた範囲内で利用するために著作物を複製することができます。
ただし、デジタル方式の録音・録画機器等を用いて著作物を複製する場合には、
著作権者に対し補償金の支払いが必要です。
コピープロテクション等技術的保護手段の回避装置などを使って行う複製については、
私的複製でも著作権者の許諾が必要です。

YouTubeの場合、著作者とコミュニケーションが可能です。
転載の許可を得るため、メール等で連絡できる機能がシステムに備わっています。
この機能を活用すれば、著作権を侵すことなく、
サイト・ブログでYouTube動画情報を発信できるかもしれません。



*** ***(フッター)
YouTubeは、無料? ほんと??
本当です。
ニュースでご存知のように、YoutTubeへの日本からのアクセスが
アメリカ本土を上回る程になっているそうです。 無料のためでしょうか?
特別のソフトやプログラムを使用せずに、サンプルを簡単に再生できるのも人気の秘密です。
しかし、若い人は、利用制限があるため、次の注意が必要です。
・ 13歳以下の利用は、禁止です。
・ 18歳未満の場合、特定のコンテンツを視聴する場合、親又はその人に準じる人の許可が必要です。

YouTubeの人気の秘密をまとめました。
無料のため。
特別のソフトやプログラムを使用せずに、サンプルを簡単に再生できるのも人気の秘密です。
さらに、次に示した、おもしろいカテゴリーがあるのも人気の秘密かもしれません。
(1) おもしろいサンプル動画が多いことです。カテゴリの中からコメディーを見ましょう!
   サンプルアニメも多いです。
   「動画」のキーワードにより、YouTube検索しましょう!
(2) また、エンターテイメントで風刺や面白映画を見られます。
(3) 癒し系もあります。カテゴリーの中からペット・動物を見ましょう!
(4) ゲームやアニメは、ビデオ・ゲームのカテゴリーから見られます。
(5) スポーツでは、サッカー、スケート、ボクシングなどがあります。
(6) ニュース・ブログから自然災害の場面を見られます。
(7) 芸術・アニメ (芸術関係のアニメは、著作権で保護されています。)
(8) 音楽
(9) 旅行・場所
(10) 科学・技術
(11) 車・乗り物
(12) 人物
以上の12カテゴリーで分類されています。

米Googleは2006年10月9日、米YouTubeを16億5000万ドルで買収すると発表しました。
買収は株式交換によって行われました。
買収完了後もYouTubeはこれまで通り独立した形で、YouTubeブランド名でサービスを提供し、
カリフォルニア州サンブルーノの拠点、従業員も温存されるそうです。
(2006/10/10 Itmedia ニュースより)

最近、日本語でもYouTubeを利用できるプロジェクトが計画され、テストされています。
YouTubeサンプルアニメを日本語でも検索し、視聴できます。
YouTubeサンプルアニメは、今後ますます人気が出るかもしれません。
posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | YouTube
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。